ニセコイ23巻目:電子書籍情報


タイトル:ニセコイ
著書:古味直志

連載雑誌名:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社


電子コミック発売日:2016年06月03日
巻数:23巻


book001
↑ニセコイ23巻を試し読み↑


 

漫画:ニセコイ23巻目のあらすじ・感想

ラーメン屋で鉢合わせた二人。お互い避けようとしますが行動が全く一緒。最後にはゲームセンターで出会い仲直り。そこで“楽”は自分が“千棘”の事を好きになっている事実に気づきます。“千棘”と“小咲”。二人のうちどちらかをきちんと選ぶと心に決め、訪れた春。高校生活ラストの三年生に。

バイトで和菓子屋「おのでら」を訪れた“楽”は“小咲”の母の指示によって小野寺姉妹と三人で和菓子大会へ出場する事に。その大会中のある出来事がキッカケで“春”は“楽”への想いを断ち切る事に決め。髪を切り和菓子職人になるため新たなスタートを切ります。

恋する少女“誠士郎”も改めて自分が“楽”の事を好きだと自覚しますが。“千棘”の気持ちを大事にするため身を引きます。

そして“るり”と“集”が町で迷子の少女“ローサ”と出会います。

 

以前“小咲”とクリスマスデートをした時と比べて。“千棘”と一緒の時の方が“楽”は自然体に見えます。最初の出会いが最悪でしたから。それからここまでいろんな出来事があっての流れがあるので。好きな人として接する“小咲”とのデートはやはりぎこちないものになるのでしょうね。

そしてついに自分の気持ちを自覚した主人公ですが。

その一方でまさかこの巻だけで二人の女の子の恋が終わるとは・・・。形は違っても直接的に“楽”に気持ちを伝えないまま自分で答えを出した二人。とても切ないですがそれぞれが出したベストな答えなので。“春”が髪を切ったのは単純に失恋だけが原因では無いかもしれません。しかしいろんな意味で前向きなスタートだと感じました。

“誠士郎”は“楽”の耳を塞いで二人っきりの教室で自分の想いと同時に感謝を伝えます。普段恋愛漫画を読まない私ですが。このシーン、ものすごく素敵じゃないですか? 30代目前でときめいてしまいました(笑) “誠士郎”らしさが出ていていいなと思います。

そしてメインとは外れ“るり”と“集”のお話。この二人はお似合いだと思います。確かに“るり”の当たりは強いです。会った瞬間何もしていない“集”を殴り飛ばすシーンは笑えますが“集”からしたら理不尽でしょうね。迷子の少女との出会いで二人の関係にどんな影響が出るのでしょう。

 

電子書籍でニセコイを読もう!

ニセコイは著書:古味直志が週間少年ジャンプで連載していた漫画作品。ヤクザの家に育った少年と、ギャングの家に育った少女が数年ぶりに出会い、お互いの関係のためにニセモノの恋人を演じる事になるラブコメ漫画。

↓ニセコイ23巻の電子書籍↓
book001
↑試し読みはこちらから↑