ニセコイ22巻目:電子書籍情報
ニセコイ電子書籍22巻


タイトル:ニセコイ
著書:古味直志

連載雑誌名:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社


電子コミック発売日:2016年04月04日
巻数:22巻


book001
↑ニセコイ22巻を試し読み↑


 

漫画:ニセコイ22巻目のあらすじ・感想

遂に始まってしまった“万里花”の結婚式。誓いのキスの直前に会場に到着した“楽”。友達として“万里花”を助ける事を宣言。“千棘”や“誠士郎”の協力によってあと一歩のところまでいきますが。“本田”によって阻止されてしまいます。
“千花”が呼び戻した近衛衆によって形勢が逆転し。“万里花”が捕えられるかと思いきや。突然“万里花”を守るため行動する“本田”。“万里花”個人へ誓った忠誠を示すため。“本田”の協力によりついに“万里花”を救い出す事に成功した“楽”でしたが。その場で“万里花”から病気による治療が必要な事とそのために母の言いなりにならなければいけない事を聞かされます。自分達のした事が無意味だったと感じる楽でしたが。“万里花”の携帯に“千花”からの着信が。「何もかも好きにすればいい」という母からの言葉に涙する“万里花”。“楽”達の行動がしきたりに囚われていた“千花”の心を動かした結果でした。
その後“万里花”は治療のためしばらくアメリカへ行く事に。出発の前に“楽”に対して「“千棘”と“小咲”。2人を同時に好きになっているのでは?」と問いかけます。混乱する“楽”ですが、戻ってきた日常。定期デートに向かいますが“千棘”の考えたプランが空回りしケンカしてしまいます。その場で解散となりましたが仕方なく入ったラーメン屋でやけ食いしている“千棘”と遭遇してしまいます。

“万里花”奪還作戦が無事に成功します。“本田”さんがやっと素直になったと言いますか。「私情しかありません」というセリフが潔くて好きです。
“御影”の協力によりヘリを使い脱出を図るシーン。“万里花”が走りやすいようドレスを破って、クラウチングスタートから全力疾走する場面はまさに青春といった一場面です。
相変わらずアグレッシブな女性キャラです。一旦お別れという形にはなるようですが、この巻では“万里花”の魅力がしっかりと描かれていてファンは増えたのではないでしょうか。いつか母である“千花”と仲直りというか。“千棘”と“華”の関係までとはいかなくても。普通の親子のようになってもらいたい。
そんな“万里花”に負けないよう気合を入れてデートに臨む“千棘”。確かにいつにも増して可愛らしい。行動は今回も思いっきり空回りしていますが。最終的には“楽”を殴り飛ばして直後に後悔するらしさ全開の“千棘クオリティ”は健在。ラーメン屋で鉢合わせという普通の恋人同士ではなかなか無いシチュエーション。しかもすでに“千棘”はサイドメニューを食べつつ5杯目のラーメンを食べている状況(笑) 全国の女子達にこれぞやけ食いだと見せてあげたいくらいです。

電子書籍でニセコイを読もう!

ニセコイは著書:古味直志が週間少年ジャンプで連載していた漫画作品。ヤクザの家に育った少年と、ギャングの家に育った少女が数年ぶりに出会い、お互いの関係のためにニセモノの恋人を演じる事になるラブコメ漫画。

↓ニセコイ22巻の電子書籍↓
book001
↑試し読みはこちらから↑