バイナリーオプション生活~トレーダーYのサイト

私は現在投資のみで生活をしています。「トレーダーY」と言う物です。

いうなれば専業トレーダーをしているブロガーですね。
あんまりバイナリ―関連の専門サイトが無いので、「私が作ってしまおう!」そう思ってこのサイトを作りました。是非参考にしてもらえれば幸いです。

外為オプションの専業トレーダーYが参考にしているのは、「バイナリーオプション業者評判ランキング」。実際に利用している人の体験談から「勝ちやすい」業者を見つける事が出来ますよ。

私が生活の糧としている「バイナリ―オプション」。

主に私が行っているのは『バイナリーオプション』というものです。通常FXでは異なる2つの国の通貨を売買し、利益を出します。(ご存知の方も多いかと思います。)
1ドルが100円の時に10万円をドルに交換した場合、1000ドルとなりますが、1ドルが110円に変動した場合、交換していた1000ドルは11万円となり、1万円の得が出ます。

バイナリ―オプションの仕組みを簡単に言うと・・・

バイナリ―の仕組みを言うと?

色々な通貨の値動きを予測し、為替レートの差額で利益を出すのがFXです。
『安く買って高く売る、高く売って安く買う』、これができれば利益をだすことができるのですが、そう簡単にいくものでもありません。

しかし、バイナリーオプションはもっと単純明快です。
相場がこの先ハイになるかローになるか、それだけを予想します。とてもシンプルですね。

「いくら簡単とは言え、丁か半かを当てる博打のようなものな気がする」と思われた方もいるかもしれません。
ハイかローかを当てるだけとは言え、相場の動きは観察しますので、私は50%以下の勝率になったことはありません。今までの勝率は70%位かと思います。

リスクを低かったのが、始めるきっかけですね。

バイナリーオプションではFXよりも少額からの取引 が可能です。FXは株より始めやすいと言われていますが、バイナリーオプションは更に初心者でも始めやすいですね。そしてバイナリーオプションを始めてから私の生活は大きく変わりました。

これまでは会社勤めをしながら副業として投資を行っていましたが、今では専業トレーダーです。日に日に大きくなっていく利益と貯蓄額に嬉しい反面、少し怖くなってきている自分がいます。(笑)

一転だけみなさんに知っておいてほしい事。それは「必ずしも儲かる物ではない」という事です。自分の引き際は見極めて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yのバイナリ―投資日記

ハイローオーストラリアの規制の噂について

ハイロー規制

もうハイローオーストラリアでは取引できないの?

ハイローオーストラリアが規制されるのではと言ったうわさがネットで流れて、不安になってしまっていた方も多いと思います。結論から言うと、2015年1月現在は心配しなくて大丈夫そうです。

これは表立った動きではなったので、一般にはあまり知られていなかったようですが、ネット世界ではかなり騒がれたようです。

2014年の5月の段階で、日本の金融庁がオーストラリアの金融取引業者に対して圧力をかけていたというもの。その中にハイローオーストラリアがあったのですね。

前にもこういう事ありましたね・・・

過去に似たような話はFXでもありました。
大手FX業者だったペッパーストーンが日本から撤退したのは記憶に新しいところ。こちらも日本の金融庁が圧力をかけたためです。

FXではペッパーストーンはとても使い勝手もよく、スプレッドも狭いので重宝されていたのですけれど・・・。

同じようなことがハイローオーストラリアでも起こるのではと心配する声が聞かれていました。

そもそも、海外の業者が日本国内に住んでいる日本人相手に商売を行ってる事が問題らしく、それによって日本人の持ってる資金が海外へ流出してると見ています。

このような業者の表向きの顔は、”海外在住の日本人に、日本語のサービスをしてるだけですよ。”と言うのが建前ですね。本音の部分は違うのでしょうけど。

バイナリーオプションの世界はFXに比べると小さいので、顧客がどこの国に住んでいようと、資金を入れてくれるなら大歓迎でしょう。

現段階で規制されたという事実は無く、ハイローオーストラリアもますますサービスを強化してるので、しばらくは大丈夫とみています。

違法性はバイナリ―オプションには現在ありません!

のめり込み過ぎに注意!

バイナリ―オプションが登場した当時は、FXと同じ為替取引なのに、その簡便性でたちまち人気が出ました。

しかしあまりに簡単なトレードのために、資金を突っ込み過ぎる人が非常に出てしまったため、FXと同じく規制対象となっているのです。

逆にいうと、バイナリ―オプション取引そのものに違法性はありません。

 

FXとバイナリーオプションの違い

FXは実際の為替の動きに対し、投資者が間接的に投資に参加しています。

レバレッジの問題もありますし、中間業者はありますが、為替取引を行っていることに変わりはありません。

しかしバイナリ―オプションは違います。為替の値動きを予測して、”その通りになるかどうか”に対して投資を行っているのです。

ドルが上がった分に対しての利益がもらえるわけではありませんし、損失がそれに応じて増えるわけでもありません。

バイナリ―オプションは損失が限定されていますが、勝っても利益は業者から得ます。
FXで買った場合、間接的にその利益は市場から得ます。

つまりバイナリ―オプションの損失も利益も業者との対価でしかないのです。 ここがFXと根本的に違うところです。

 

現在はバイナリーオプションに違法性はありません

突き詰めると、しっかり勉強して利用していない方のトレードは、ばくちの胴元が業者で、投資家は客に過ぎないのですね。ですから、バイナリ―オプションは官制ギャンブルと揶揄されることもあります。

今のところ、違法性を指摘されてはいませんが、お役所の見る目が変わると、あっという間に違法性を指摘される可能性は否定できません。

バイナリーオプションの申告はしっかりと!

副業でバイナリ―オプションをやられている方が見落としがちな税金の申告。これを怠ると後で痛いしっぺ返しが来ることも・・・。そういった、バイナリーオプションの申告について取り上げてご紹介します。

バイナリーの申告や納税について

日本国内の業者でトレードしていた場合、バイナリーオプションはFXなどのデリバティブ商品と同様、申告分離課税での申告となります。その際別の商品との損益を合算することが (さらに…)